[FZ400] ラジエータ ガードの製作

Posted by
ぴろり
Posted at
2013/07/24 14:24
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
峠道 カテゴリ
カバーイメージ

 愛車のバイクを洗車していると、ラジエータの放熱フィンに挟まった小石や虫の死骸が気になりませんか? 特にオフ車などは、悪路を走行した際の飛石や転倒などからラジエータをガードする製品が充実していたりします。オン車にもあることはあるんですが...マイナー バイクである FZ400 向けにそんな商品があるわけでもなく。まぁ、仮にあってもお高かったりしてしまうので、ホームセンターで調達した材料でラジエータ ガードを自作してみました。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

ギャラリ

 カッティング シートに YAMAHA のエンブレムをプリンターで印刷し、デザイン ナイフでしこしこ切ります。スプレーのマスキングに使う予定なので、ジャンク箱に余っていた適当な色のカッティング シートを流用。ところで、○の中に音叉が 3 本交差した YAMAHA のロゴ マークですが、楽器メーカーの YAMAHA と、発動機メーカーの YAMAHA では、微妙にデザインが違うという秘密があります。

 カッティング済みのシートをステンレス メッシュに貼り付けてマスキング。中央の浮島に難儀。

 空き箱の上に置いて黒スプレーでぶしゃーっと。平らな地面に置いてスプレーしてしまうと、吹き返した塗料でマスキング通りに綺麗に染まりませんので注意(多分)。

 スプレーが乾くのを待ってカッティング シートを外してみたところ。円周右側のマスキングが甘く、塗料が吹き込んでしまった(´・ω・`) あと、円周と音叉の間の細い隙間も少しつぶれ気味orz

 作成したガードとラジエータを連結する金具を 1mm 厚アルミ板で製作。

 取り付けてみた(≧▽≦)ノ

 取り付けてみた(≧▽≦)ノ

材料

  • アルミ ステー (幅10mm×長さ1m, t2mm) : 1本
  • アルミ L型ステー (幅5+15mm×長さ1m, t1mm) : 1本
  • ステンレス メッシュ シート (SUS304, 20メッシュ, 300mm×200mm) : 1枚
  • M3×10 キャップ ボルト, ワッシャ, ナット : 適量
  • M4×15 キャップ ボルト, ワッシャ, ナット : 適量
  • カッティング シート : 適量

設計図面

  • ダウンロード
この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます記事リコメンデーションについて

カバー画像:[FZ400] ウィンカーの交換とエンジンガードの取付け

関連記事/トラックバック

関連記事/トラックバックはまだありません

この記事にトラックバックを送るには?

コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。