"Google" タグの付けられた記事 ( 3 / 6 ページ )

 全ての記事 920 件のうち 55 件の記事が該当しました。 (6 ページ)。

MovableType でブログの運用傾向をグラフ表示する

Posted by
ぴろり
Posted at
2008/10/20 17:01
Trackbacks
関連記事 (0)
Comments
コメント (4)
Post Comment
コメントできます
Category
MovableType カテゴリ
カバー イメージ

 MovableType で、エントリの投稿数やコメント、トラックバックの数を曜日毎に集計してグラフ表示する方法を紹介します。「水曜日と木曜日にエントリの投稿が多い」だとか「日曜日にはコメントの数が多い」と云ったブログの運用傾向を視覚的に把握することができて楽しいです。グラフの作成には Google Chart API を利用しています。

本文を読む (5 分で読めます)

Google の検索ロボットは何を見てインデックスしているのか?

Posted by
ぴろり
Posted at
2008/09/27 15:41
Trackbacks
関連記事 (0)
Comments
コメント (2)
Post Comment
コメントできます
Category
電算室 カテゴリ
カバー イメージ

 ブログを書いて出力されたページを確認したところ、ページ内に設置した Google AdSense に記事内容と関係する広告が早速表示されていました。そこでもしやと思い、すぐさま Google 検索で先ほど書いたばかりのページを検索したところ、すでにその記事がインデックスされていたのです。AdSense に適切な広告が表示されていることから、記事内容がクロールされた結果だとは思うのですが、AdSense によってクロールされた内容は検索にも反映されるのでしょうか? この疑問をサーバのアクセスログの内容と併せて調べてみました。

本文を読む (5 分で読めます)

クリエイターは今すぐ Google Analytics のコンバージョンレポートを使うべき

Posted by
ぴろり
Posted at
2008/09/07 16:00
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ
カバー イメージ

 Web サイト上で何かしらクリエイティブな活動をしているユーザは、今すぐにでも Google Analytics のコンバージョンレポートを使い始めないと勿体ない! 私も自作のソフトウェアなどをダウンロードできるようにしていますが、ソフトウェア以外にも何かしら自分の作品を Web 上で公開しているクリエイターは多いと思います。そのようなクリエイターにとって、ビジタが作品に興味を持ちダウンロードやブックマークしてくれることこそが喜びなわけです。Google Analytics のコンバージョンレポートを用いることで、その過程を簡単かつ明白に把握することができるようになります。

本文を読む (8 分で読めます)

Google Analytics のコンバージョンレポート設定方法

Posted by
ぴろり
Posted at
2008/09/06 14:39
Trackbacks
関連記事 (1)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ
カバー イメージ

 Google Analytics のコンバージョンレポートを活用することで、サイト内でのビジターの特定のアクションについてカウントすることができます。例えば、ダウンロードパッケージがどれくらいの頻度でダウンロードされているのかと云った情報を、コンバージョンレポートとして得ることができるようになります。また、コンバージョンレポートは非常に強力で、どのようなキーワードでサイトを訪れたビジタが、どのような経路でページを巡り、最終的にどのコンバージョンを達成したのか、と云ったことまでレポートすることが可能です。
 この記事では Google Analytics のコンバージョンレポートの設定方法を解説しています。

本文を読む (3 分で読めます)

Google Chrome の登場でブラウザ界隈はどうなるか?

Posted by
ぴろり
Posted at
2008/09/03 21:31
Trackbacks
関連記事 (1)
Post Comment
コメントできます
Category
ソフトウェア カテゴリ
カバー イメージ

 先日リリースされた Google 謹製ブラウザ Google Chrome。個人的には搭載された JavaScript のエンジン部分がアツくて鼻血出まくりなわけですが、気になるのは Chrome の登場によってブラウザ界隈の勢力図がどのように変化するのかという点です。

本文を読む (2 分で読めます)

Google PageRank の小数部を推測する方法

Posted by
ぴろり
Posted at
2008/08/27 13:36
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
電算室 カテゴリ
カバー イメージ

 Google PageRank は一般的に 0 から 10 までの整数値として表現されますが、この PageRank の少数部を推測する方法を紹介します。残念ながらどんなサイトにでも使える方法ではなく Google Directory に登録されているサイト(つまりは先日に紹介した Open Directory Project に登録されているサイト)にのみ有効です。また、PageRank が一様に分布しているという仮定の基、あくまで線形補間を用いて求めるだけなので、その信憑性には何の保証もありません。

本文を読む (2 分で読めます)

Open Directory Project に登録しよう

Posted by
ぴろり
Posted at
2008/08/26 15:02
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
電算室 カテゴリ
カバー イメージ

 あまり知られていないかもしれませんが、Google にはディレクトリサービスがあり、このディレクトリサービスは Open Directory Project が収集編纂しているディレクトリの情報が元になっています。Open Directory Project はボランティアによって運営されている最大規模のディレクトリサービスで、誰でも無料で登録申請することができます。

本文を読む (2 分で読めます)

Google Street Viewの登場はWeb屋が小銭を稼ぐチャンスかもしれない

Posted by
ぴろり
Posted at
2008/08/15 12:37
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
書斎 カテゴリ
カバー イメージ

 不動産サイトやグルメサイトなど、物件や店舗の場所案内に Mapion や Yahoo! 地図を利用しているサイトは少なくない。一方で Google Street View を使えば、目的地周辺の様子もあわせて見ることができるから、ユーザにとっても目的地を探しやすくなるというメリットがある。
 そこで、今、Mapion や Yahoo! 地図を利用しているサイトに片っ端からアポイントをとって、リンク先を Google Street View に切替えるよう提案をしてみるのはどうだろうか? プレゼンテーションでは Google Street View を少し操作してみるだけでクライアントにも興味を持ってもらえると思えるのだが…?


Google Street Viewに対する各所での反応について雑感

Posted by
ぴろり
Posted at
2008/08/14 13:26
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
書斎 カテゴリ
カバー イメージ

 日本でもサービスが始まった Google Street View ですが、ネット上での各所の反応を見ていると、単純に面白いだとか、何だか気持ち悪いだとか、様々な意見が飛び交っています。 そこで、私も Google Street View サービスについて思ったことなどをつらつらと書いてみたいと思います。

本文を読む (2 分で読めます)

hosts ファイルを修正してGoogle AdSenseの誤クリックを防ぐ

Posted by
ぴろり
Posted at
2008/07/02 22:23
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ
カバー イメージ

 Google AdSense の規約では、自分のサイト上の広告をサイト運営者自身がクリックすることを禁止しています。そのため、自分のサイトを開いた際に、何かの拍子で誤クリックしてしまったために、AdSenseアカウントを停止されたという話もちらほらと聞きますね。
 そこで、hostsファイルを編集することで、広告を表示しないようにするTipsです。広告が表示すらされないので、そもそも誤クリックすらしないというわけです。

本文を読む (1 分で読めます)

« 前へ

Open MagicV o o o o o ox.net

» 次へ