東北センチジャーニーレポート 第5日

Posted by
ぴろり
Posted at
2002/07/24 00:00
Post Comment
コメントできます
Category
峠道 カテゴリ

 小雨

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

6:30 出発。今日も天気はあまり良くない。時々、小雨がぱらついている。これ以上悪くならなければ良いのだが…
 夕張市若菜。このあたりは映画「幸せの黄色いハンカチ」の撮影の舞台にもなっており、近くにそのときのセットが残っていたりもする。夕張市は以前は炭坑の町として発展した歴史があり、炭坑に関する歴史資料館などもある。ただ炭坑の閉鎖後は人工流出が激しく、あたりにも廃屋が多く見られた。
 若菜がいっぱい…もう何も言うまい。

夕張市若菜郵便局 若菜中央小学校 北海信用金庫 若菜支店 若菜駅前通り踏切り 若菜駅の跡 …若菜…どこにいるんだ…

7:00 あたりの撮影を終えて出発。R452から富良野を目指す。各地を結ぶ国道が整備されているので移動には困ることはない。ただ距離があるだけってこと… やっぱり北海道は広かった。

8:35 [1746.4km] 夕張から R432を走って富良野へ。この間も道幅の広い快適な道路が続く。 その後は雨が降ることもなく順調に距離を稼ぐ。相変わらず、空には低い雲が立ち込めているが…
 教訓、ガソリンの残量には気をつけよう。市街を外れると道しかなくなってしまい、GSが皆無。 この時、リザーブタンクを使い切っていれば遭難していたに違いない…(汗)

9:20 [1772.1km] 麗郷の森。映画「北の国から」のロケ地として田中国衛とセットで余りにも有名。ちなみに映画を見たことはないんだけどね>俺(ぉぃ) 大型の観光バスが何台も止まっていて、その人気の高さに驚いてしまう。ここで横浜から来たというアメリカンバイクのツアラーに出会った。一度、西へ向かったらしいが、あまりの暑さに嫌になって京都舞鶴からフェリーで小樽まで来たらしい(笑) この後、稚内へ向かうとのこと…
 10:15、麗郷の森を出たところで本格的に雨が降り出す。ぐんにょり。

「北の国から」 「北の国から」のセット。手作りとは思えない作り

12:20発 [1806.1km] 途中でホームセンターに寄り、雨合羽を購入。これで雨は何とか凌げるだろうが…せっかくの北海道ツーリングが台無し。
 ファーム冨田。ラベンダー畑の想像以上の美しさに暫く見とれてしまう。これで晴れていれば最高のロケーションに違いない。地元の人によれば、今が当にラベンダーの時期なのだ。だが、今年は天候異常らしく、7月に入ってから、今日のような天気がずっと続いているらしい。本来、梅雨の無い北海道が梅雨入りしているわけだ。生憎の雨にもかかわらず、多くの観光客でにぎわっていた。売店でラベンダーソフトクリームなるものを発見したので挑戦してみる。さっぱりとした、どちらかと言えばシャーベットに近い? すっきりした味わいで私は好き。ただ、雨のせいもあって寒い。晴れていれば…そればっかりが悔やまれる。
 駐車場から出るときに雨の中で痛恨の立ちコケ。雨は激しさを増している。ぐんにょり。

一面紫。めちゃくちゃ広いラベンダー畑 ラベンダー接写。紫の絨毯 ラベンダーソフトクリーム。さっぱり系で好き。

15:50 [1936.0km] 富良野を後にして雨の中を札幌に向かう。雨は小ぶりになったが…駐車場を探してやっぱり迷う。札幌駅から大通り公園、時計台と回ってラーメン横丁。自分にしてみればえらい遠くへ、ほとんど国外?に来た感覚だが、やっぱり日本の街には変わらない。もっとコテコテの方便とか聞いてみたかった気がする。平日ってこともあるし北海道大学構内はさすがにちょっと…厩舎が見れなかったのは残念。それにしてもピュアアイっているんか? 何よりも、雨で靴がグチョグチョで行動力が大幅ダウンしていた。本当なら歩きまくりな人にも関わらず、時間の割には市内を回れなかった。
 適当に切り上げてラーメン横丁。有名なススキノを歩いたけれど、昼間だったので普通(何が?)  地元の人はラーメン横丁で食べることは無いらしいが、一応観光客なので外せない。入ってすぐの店で醤油ラーメンを注文。自分は美味しいと思ったんだけど、そうなの?>地元の人
 18:20、駐車場を出る。

狸小路 センチスポット。札幌公園 札幌といえばやっぱり時計台でしょ? センチスポット。札幌駅すぐ横 ラーメン横丁。地元の人は食べに行かない? 雨で疲れました~

21:20 [2029.5km] 苫小牧フェリー埠頭着。文章にするとたった一行だが、フェリー埠頭辿り着くまでに猛烈に迷う。おそらくこの旅の中で最大の迷走。フェリー埠頭の案内が途中で消えたりして、フェリーの時間も差し迫り、マジでブチ切れ。更に千歳を越えたあたりで霧雨が降りだし、ハイビームで走っても全く前が見えなくなる。フェリー埠頭に着いた時にはボロボロ。ただ、とにかく辿り着けて良かった…その感動で放心状態だった。

21:50 乗船開始。いざエンジンをかけようとスタータを回すとエンジンがかからない。どうやらハイビームで走りつづけていたため、バッテリに相当の負荷がかかっていたらしい。暫くまわしていたら何とかエンジンは起動。フェリーに乗りこむ。次にフェリーを降りる時が心配だ…

22:50 苫小牧を発つ。さらば北海道。遠路遥遥来ておきながら雨のせいで苦しいことの方が多かった。次こそは天気が良い時期を狙ってもう一度訪れたいと思う。その時は、ほのかと一緒にゆっくりと思い出の地を巡ろう…
 旅の終わりが近づいている。

今日の歩き:62,040歩

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  



コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。