バージョン情報を偽装する MovableType プラグイン:VersionFaker

Posted by
ぴろり
Posted at
2013/09/16 21:11
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
プラグイン カテゴリ
カバーイメージ
  • fake
  • Photo by Bjrn Bulthuis
    • Attribution
    • ShareAlike

 MovableType の製品名やバージョン番号などの情報を、プラグイン側で自由に変更・設定するための MovableType プラグインです。MovableType プラグインの開発中に、テスト目的と興味半分で作ったものなので、実用性はよくわかりません(汗)

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

機能

  • ソースコード中にハード コーディングされている製品名やバージョン番号などの情報を、プラグイン設定画面から書き換えることができます。
  • ソースコード内の値を書き換えてアップロードして...が不要なのでお手軽です。
  • 数値に文字列を上書きしたりできますが、不用意に値を変更すると動作エラーになったりします。
  • MovableType 自体が動作エラーを起こすと詰みます

ダウンロード

インストール

 plugins フォルダに配置してください。データベースのアップグレード作業は必要ありません。

プラグイン設定

 [システムのプラグイン設定]画面から、製品名やバージョン番号などの各パラメータを上書きすることができます。設定可能な項目は以下の通りです。

PRODUCT_VERSION
 単純に製品のバージョン番号を示します(自信なし)
VERSION_ID
 MovableType の API バージョン番号を示します。アルファ版、ベータ版、リリース候補版や、各ローカライズ版を示す文字列が含まれることがあります。<$mt:Version$><$mt:ProductName$> がこの値を利用しています。
VERSION
 MovableType の API バージョン番号を示します。VERSION_ID との違いは、ベータ版などの違いを無視した、単純な数値であることです。
SCHEMA_VERSION
 MovableType 本体の基本データモデルのデータベース スキーマ バージョン番号です。
PRODUCT_NAME
 人間が読める MovableType の製品名称で、Movable Type AdvancedMovable Type Publishing Platform といった値になります。<$mt:ProductName$> 変数タグがこの値を利用しています。
PRODUCT_CODE
 内部的に製品の系統(?)を識別するための識別子で、MTMTE などの値になります。

ライセンス等、いろいろ

  • MT4.361、MTOS5.13、MTOS5.2 で動作確認しています
  • ライセンスは LGPL とします*1
  • 商用目的または法人利用については 1 つの MovableType につき 1 ライセンスの購入をお願いしております。
    ライセンス料金: ¥1,000 JPY (税込み) 
    一言どうぞ:
  • 商用目的でない個人利用(アフィリエイトを含む)については無償でご利用頂けますが、よろしければ継続開発のためのライセンス購入(任意)をお願いしております。
    お気持ち:  
    一言どうぞ:
この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

  1. *1 MovableType および MTOS で利用できます。


関連記事/トラックバック

関連記事/トラックバックはまだありません

この記事にトラックバックを送るには?

コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。