配列/ハッシュ変数を使いやすくする MovableType プラグイン:ArrayUtil

Posted by
ぴろり
Posted at
2012/11/22 20:40
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
プラグイン カテゴリ
カバーイメージ
  • Chain
  • Photo by James Bowe
    • Attribution

 MovableType のテンプレートでは配列変数やハッシュ変数を使うことができますが、特に大量の要素の初期化などなど微妙に使い辛いことはないですか? 一応、<mt:SetVars><mt:SetHashVar> といったタグが用意されているものの、結局のところ不毛なコードを書く必要があります。そこで、配列変数やハッシュ変数にもう少しスマートに、一括で値を代入できるよう MovableType プラグインを書いてみました。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

機能

テンプレートの例

 基本的に変数に値を代入する記述を簡潔に書けるということだけなので、あまり面白い例はありません。指定可能なオプションの詳細などはドキュメントを参照してください。

ハッシュ変数を初期化する

<mt:SetHashVars name="hash">
key1=ほげほげ
key2=ぴよぴよ
key3=ふがふが
</mt:SetHashVars>

 これは以下と同じです。要素の数が多くなると格段に保守しやすくなります

<mt:SetVar name="hash{key1}" value="ほげほげ">
<mt:SetVar name="hash{key2}" value="ぴよぴよ">
<mt:SetVar name="hash{key3}" value="ふがふが">

配列変数を初期化する

<mt:SetArrayVars name="array" origin="3">
1=ほげほげ
2=ぴよぴよ
3=ふがふが
</mt:SetArrayVars>

 これは以下と同じです。

<mt:SetVar name="array[4]" value="ほげほげ">
<mt:SetVar name="array[5]" value="ぴよぴよ">
<mt:SetVar name="array[6]" value="ふがふが">

 インデックスが連続しているのであれば、以下のように書くこともできます。

<mt:SetForeachArrayVars name="array" origin="4">
ほげほげ
ぴよぴよ
ふがふが
</mt:SetForeachArrayVars>

ダウンロード

インストール

 plugins フォルダに配置してください。データベースのアップグレード作業は必要ありません。

プラグイン設定

 プラグインに関する設定はありません。

ライセンス等、いろいろ

  • MT4、MT5 で動作確認しています
  • ライセンスは LGPL とします*1
  • 無償でご利用頂けますが、よろしければ継続開発のためのライセンス購入(任意)をお願いしております。
    お気持ち:  
    一言どうぞ:
この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

  1. *1 MovableType および MTOS で利用できます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます記事リコメンデーションについて

カバー画像:配列変数/ハッシュ変数に任意の値が含まれるか判断するMovableTypeプラグイン:IsInArray

関連記事/トラックバック

関連記事/トラックバックはまだありません

この記事にトラックバックを送るには?

コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。