図表の参照と番号振りを簡単にするMovableTypeプラグイン:Anchors

Posted by
ぴろり
Posted at
2011/02/13 18:53
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
プラグイン カテゴリ
カバーイメージ

 図表を散りばめたエントリを書くときに、挿入した図表ごとに図表番号(Fig.1、Fig.2、...)を順に振ることがありますが、途中で図表を追加挿入してしまった時などには、図表番号をまた振りなおさなければなりません。そこで、エントリに挿入した図表番号を自動的に振ってくれる MovableType プラグインを書いてみました。図表番号を振るだけでなく、それらの図表を参照している箇所についても、適切にハイパーリンクを埋め込んでくれます。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

使い方

 エントリ内の本文および追記に、HTML に似た構文の文句を挿入することで、構築時に処理されます。

図表の埋め込み

 図表を埋め込む箇所を以下の例のように記述してください。図表番号を示す箇所にある <figure name="XXX"> という文句に注意してください。

<p>
  <img src="result.png" alt="実験結果 その1" /><br />
  <figure name="result_hogehoge"> 実験結果のグラフ その1
</p>

<p>
  <img src="result.png" alt="実験結果 その2" /><br />
  <figure name="result_fugafuga"> 実験結果のグラフ その2
</p>

 これを保存、再構築すると以下のような結果が得られます。変換された図表番号にはアンカーが設定されています。

<p>
  <img src="result.png" alt="実験結果 その1" /><br />
  Fig.1 実験結果のグラフ その1
</p>

<p>
  <img src="result.png" alt="実験結果 その2/><br />
  Fig.2 実験結果のグラフ その2
</p>

 <figure name="XXX"> を埋め込んだ箇所が、図表番号を表す文字列に置き換えられています。また、図表番号は <figure name="XXX"> が出現した順番に 1 から順に振られます。

埋め込まれた図表の参照

 埋め込まれた図表を参照するには、以下の例のように記述してください。参照を行う箇所に書かれている <figure href="XXX"> という文句に注意してください。

 実験の結果、濃度の時間変化を表すグラフ (<figure href="result_fugafuga">) と温度の時間変化を表すグラフ (<figure href="result_hogehoge">) を得た。<figure href="result_hogehoge"> は、30%濃度の溶液について行った結果である。

 これを保存、再構築すると以下のような結果が得られます。変換された図表番号は href で指定した図表へのリンクになります。

 実験の結果、濃度の時間変化を表すグラフ (Fig.2) と温度の時間変化を表すグラフ (Fig.1) を得た。Fig.1 は、30%濃度の溶液について行った結果である。

 このように、図表を result_hogehoge といった名前で識別することができるので、既存の図表と図表の間に、新しい図表が挿入されたとしても、この関係は崩れません。ですので、編集に関係なく、常に目的の図表を参照することができます。

図表番号の書式指定

 このプラグインは、グローバル フィルタとして実装されており、フィルタに与える引数が、図表番号の書式指定を兼ねています。

<MTEntryBody figure="Fig.%d"> → Fig.1、Fig.2、Fig.3、...
<MTEntryBody figure="図.%d"> → 図.1、図.2、図.3、...

図と表と写真を独立してカウントしたい

 このプラグインは、figuretablepicture のそれぞれ名前の異なる 3 つのグローバル フィルタを提供しており、それらの中で振られる番号は一意になります。名前が違うだけで、機能は何れも同じです。

図表の後じゃないと参照できないの?

 そんなことはありません。図表より先に <figure href="XXX"> を書いて、その後に図表を <figure name="XXX"> で挿入しても正しく動作します。これは、プラグインが先立って <figure name="XXX"> を処理して図表番号を振った後に、改めて <figure href="XXX"> の処理をしているからです。
 一度も参照されない図表を設置することは可能ですが、不明な名前の href が指定された参照は図表番号 0 を指します。

ダウンロード

 Trac リポジトリから取得してください。バグ修正および最新版の配布もこちらを参照してください。

ページ下方の Download in other formats → Original Format で取得できます。

いろいろ

  • MT3、MT4、MT5 で動作します
  • ライセンスは LGPL とします
  • 商用目的または法人利用については 1 つの MovableType につき 1 ライセンスの購入をお願いしております。
    ライセンス料金: ¥1,000 JPY (税込み) 
    一言どうぞ:
  • 商用目的でない個人利用(アフィリエイトを含む)については無償でご利用頂けますが、よろしければ継続開発のためのライセンス購入(任意)をお願いしております。
    お気持ち:  
    一言どうぞ:
この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます記事リコメンデーションについて

カバー画像:西暦を和暦に変換する MovableType プラグイン:JapaneseYear

関連記事/トラックバック

関連記事/トラックバックはまだありません

この記事にトラックバックを送るには?

コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。