玄箱HG+SDカード512MBにDebian lennyをインストールする

Posted by
ぴろり
Posted at
2010/03/23 21:43
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ

 玄箱HGと、ストレージにSD→PATA変換カードで接続した512MBのSDカードに、Debian lenny をインストールした手順のメモ。普通にやると512MBのストレージには容量不足でインストールできません。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

 玄箱HGに付属のセットアップ プログラムを用いて初期化しようとしても、ディスク容量が足りないため、そのままではセットアップできません(HDD全容量のうち、システム領域に2GB、スワップ領域に256MB使用するため) そこで、玄箱に直接、telnet/ftp 接続をして Debian lenny をインストールします。lenny のインストールにはU-Bootを利用する方法もありますが、失敗すると玄箱が brick になってしまうので、今回は etch の GRUB からブートする方法を採用しました。使わない etch 分のドライブ領域が無駄になってしまいますが、安全性を考えて。

  1. (PC) KuroBoxSetup.exe を起動して、玄箱のIPアドレスを調べる。
  2. (PC) 先に調べた IP アドレスに telnet で接続する。

    C:> telnet 192.168.123.123
    User: root
    Password: kuroadmin

  3. (玄箱) etch 用と lenny 用にパーティションを2つ切る。etch は展開すると130MBくらいになるので、一つ目のパーティションは150MBくらいで。

    # mfdisk -c /dev/hda
    /dev/hda1 ... プライマリパーティションで etch 用。150MB くらい。
    /dev/hda2 ... プライマリパーティションで lenny 用。残り全部。

  4. (玄箱) パーティションを初期化

    # mke2fs /dev/hda1
    # tune2fs -c 0 /dev/hda1
    # mke2fs /dev/hda2
    # tune2fs -c 0 /dev/hda2

  5. (玄箱) マウントする

    # mount /dev/hda1 /mnt
    # mount /dev/hda2 /mnt2

  6. (PC) FTP で Debian のイメージをアップロードする

    C:> ftp 192.168.123.123
    User: root
    Password: kuroadmin
    > cd /mnt2
    > bin
    > put debian-etch-2.6.25.1-kuroHG-20090317.tgz
    > put debian-lenny-kuroBOX-20090317.tgz

  7. (玄箱) Debian のファイルを展開する

    # cd /mnt
    # tar zxfv /mnt2/debian-etch-2.6.25.1-kuroHG-20090317.tgz
    # rm /mnt2/debian-etch-2.6.25.1-kuroHG-20090317.tgz
    # cd /mnt2
    # tar zxfv debian-lenny-kuroBOX-20090317.tgz
    # rm debian-lenny-kuroBOX-20090317.tgz

  8. (玄箱) 変更したディスクシステムを反映するため、/mnt2/etc/fstab を修正する。

    # vi /mnt2/etc/fstab

  9. (玄箱) リブート後に固定IPで接続できるよう、/mnt2/etc/network/interface を修正する。

    # vi /mnt2/etc/network/interface

  10. (玄箱) 正しいネームサーバを指すよう /mnt2/etc/resolve.conf を修正する。

    # vi /mnt2/etc/resolve.conf

  11. (玄箱) lenny が起動するよう /mnt/etc/kuro_load_param を修正する。

    # vi /mnt/etc/kuro_load_param
    OPTIONS="root=/dev/hda2 revclock=1"

  12. (玄箱) EMモードを抜けてリブートする。

    # echo -n 'OKOK' > /dev/fl3; reboot

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  


この記事のアーカイブ

全ての記事 »
2010年
全てのカテゴリ »
電算室 » 開発メモ
全てのタグ »
, , , , ,

関連記事/トラックバック

関連記事/トラックバックはまだありません

この記事にトラックバックを送るには?

コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。