"開発" タグの付けられた記事 ( 1 / 3 ページ )

 全ての記事 924 件のうち 24 件の記事が該当しました。 (3 ページ)。

Windows PC で Wii リモコンを使う

Posted by
ぴろり
Posted at
2015/10/18 11:35
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
電算室 カテゴリ
カバー イメージ

 Windows パソコンから、任天堂のゲーム機 Wii のリモコン を使おうと右往左往した覚書き。Wii リモコンは Bluetooth 機器なので、Bluetooth のレシーバを接続すれば Windows パソコンから認識できるようになるのです。

本文を読む (4 分で読めます)

[RaspberryPi] GPIO 入力端子のプルアップ/ダウン設定について

Posted by
ぴろり
Posted at
2015/09/13 21:43
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ
カバー イメージ

 RaspberryPi は、元が子供向けの教育用コンピュータということや、ハードディスク ドライブではなく、シリコン ディスク(SD カード)で動作するので、いきなり電源を落としてもディスク クラッシュなどの可能性は低いようですが、やはり電源を落とす際には、行儀よく shutdown してから電源ケーブルを抜いた方が良いでしょう。しかし、その都度、パソコンからシェル ログインしてコマンドを叩くのも面倒です。そこで、GPIO 端子に取り付けたスイッチでリブート/シャットダウンを行うというのは、もはやRaspberryPi 入門(?)の鉄板ネタになっています。
 先日作成したばかりの I/O ボードを使って、私もコレを使ってやってみようと思い立ちました。その際、GPIO 入力端子のプルアップ/ダウン設定について調べた覚書きです。

本文を読む (15 分で読めます)

[Android 開発] View でアニメーション描画

Posted by
ぴろり
Posted at
2015/02/14 11:28
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ
カバー イメージ

 SurfaceView を使用すれば、高速なグラフィックス描画が可能なことが判りましたが、View でも同じことができないか試してみました。
 結論から言えば、「動作はするが、なめらかアニメーションの描画には向かない」ということが判りました。

本文を読む (7 分で読めます)

[Android 開発] グラフィックスの描画 ~ SurfaceView 編

Posted by
ぴろり
Posted at
2015/02/10 10:14
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ
カバー イメージ

 Android アプリで画面上にグラフィックスを描画する場合、View クラスを使用する方法の他に、SurfaceView クラスを使用する方法があります。SurfaceView クラスを使用した場合、アプリケーションとは別に描画処理のスレッドが独立しており、より高速に安定して再描画が行われます。そのため、ゲームや動画再生などの用途に向いているようです。

本文を読む (9 分で読めます)

[Android 開発] グラフィックスの描画 ~ View 編

Posted by
ぴろり
Posted at
2015/02/09 16:10
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ
カバー イメージ

 Android アプリで、View を用いて画面上にグラフィックス描画する方法の覚書き。

本文を読む (6 分で読めます)

[Android 開発] 端末の傾きと方位角を求める

Posted by
ぴろり
Posted at
2015/02/07 21:48
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ
カバー イメージ

 前回の記事で紹介した傾きと方位角を求める方法は、最新の Android OS では非推奨(deprecated)とされています。現在のリファレンスでは、加速度センサと方位角センサそれぞれの測定値から計算するよう求められています。開発者が記述すべきコードが増えるため、一見すると面倒になったように思えますが、この過程で得られた回転行列は、OpenGL などの 3D グラフィックス描画においてそのまま利用できるメリットもあって、総合的にはより汎用性を増したといえます。

本文を読む (11 分で読めます)

[Android 開発] 端末の傾きと方位角を求める (非推奨)

Posted by
ぴろり
Posted at
2015/02/07 16:23
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ
カバー イメージ

 端末の傾きと東西南北を検出するコードの覚書き。ただし、ここで紹介する方法は、Android 2.2 (API Level 8) から非推奨(deprecated)とされているので、あくまで参考程度に。

本文を読む (6 分で読めます)

[Android 開発] GPS モジュールが出力する NMEA メッセージを取得する

Posted by
ぴろり
Posted at
2015/02/06 22:46
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ
カバー イメージ

 GPS で位置情報を取得する際に、GPS モジュールが一体どのようなデータを処理しているのか、その生データ(?)を取得することができます。GPS モジュールが出力する NMEA メッセージを解読することで、更に詳細な情報を得ることができます。

本文を読む (9 分で読めます)

[Android 開発] GPS 衛星の情報を取得する

Posted by
ぴろり
Posted at
2015/02/06 17:19
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ
カバー イメージ

 GPS を利用して端末の位置情報を得るところまで実装できましたが、更に GPS エンジンの動作情報を取得することもできます。具体的には、GPS 測位に利用した GPS 衛星の位置や GPS 信号の受信状況を取得できるので、例えば GPS Status & ToolboxGPS Essentials のように、GPS 衛星の位置をレーダーっぽく表示するようなことができるようになります。
 位置情報を求めるシーンで、これら個々の GPS 衛星の情報まで必要とするケースはまず無いと思いますが、自分の書いたコードで、上空 20,000km を飛行する個々の GPS 衛星を追跡できていると思うとちょっとワクワクしますね。

本文を読む (12 分で読めます)

[Android 開発] GPS を使う

Posted by
ぴろり
Posted at
2015/02/05 19:47
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ
カバー イメージ

 多くの Android 端末に装備されている GPS を利用して、緯度・経度・標高などを取得するための覚書き。

本文を読む (9 分で読めます)

Open MagicV o o ox.net

» 次へ