アプリケーションの再インストール時に "error1327 invalid drive X:" が発生する

Posted by
ぴろり
Posted at
2012/07/05 17:16
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
電算室 カテゴリ
カバーイメージ

 Windows XP で、アプリケーションを再インストールしようとした際に、セットアップ プログラムが "error1327 invalid drive X:" を発生して再インストールできなくなる現象の覚書き。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

背景

 状況としては稀なケースで、先立ってアプリケーションがインストールされていたドライブ レターが、再インストール時に存在しない場合に発生するようです。具体的には、アプリケーションを SSD (ドライブ レター=D:)にインストールして運用していたところ、プチ フリーズが頻発するために SSD を外しました。その後、システム ドライブ (ドライブ レター=C:)にアプリケーションを再インストールしようとしたところ、D: が無くなっていたために先のエラーが発生した模様。

対処方法

 セットアップ プログラムは、ドライブ レターが存在するか見ているだけで、以前のインストール先ディレクトリやファイルが存在するかまでは見ていないようです。そこで、管理ツールのディスク管理ユーティリティを利用して、インストールに関係のないドライブのドライブ レターを一時的に変更することで対応できます。インストールが完了したら、また元に戻しておきます。

 もう一つの方法は、おそらくこちらの方が簡単で、SUBST コマンドを利用して、仮想ドライブを作成してしまう方法です。セットアップ プログラムは、古いインストール先ディレクトリに対しては何も操作をしないようなので、DOS プロンプトから以下のコマンドを叩いて適当な仮想ドライブを作成し、セットアップを騙すことができます。

subst D: C:\

 作成した仮想ドライブは以下のコマンドで削除できます。

subst D: /D
この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます記事リコメンデーションについて

カバー画像:Mozilla Thunderbird おすすめアドオン 17 個+α

この記事のアーカイブ

全ての記事 »
2012年
全てのカテゴリ »
電算室
全てのタグ »
, , , ,

関連記事/トラックバック

関連記事/トラックバックはまだありません

この記事にトラックバックを送るには?

コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。