「Optimizing Movable Type Publishing Performance」質疑応答メモ

Posted by
ぴろり
Posted at
2008/08/20 20:43
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
MovableType カテゴリ

 Movable Type Developer Conference での Beau Smith 氏による基調講演の終わりにあった質疑応答のメモを残しておきます。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

モジュールのSSIではASPやPHP、JSPなどが選べるが、出力される結果に違いはないのか?

 違いはない。それぞれの言語でファイルを include するコードが生成されるだけで、最終的にレンダリングされる結果は同じになる。

モジュール内から更にモジュールをincludeできる?

 できる。MT4.1の標準テンプレートではモジュール内からモジュールを読み込んでいた。

同じモジュール内でSSIとCache機能、従来のモジュールのinclude は混在できる?

 できる。

MT4.2になってテンプレートの構造が大きく変わった理由は?

 MT3.xからMT4のテンプレートの大幅な変更は僕が担当したんだ(笑) MT4のテンプレートは複雑だという意見が多かったので、とにかく first user が理解しやすいようにテンプレートを書き直した。僕達は Sign Post と呼んでいるんだけれど HTML の構造を重視したテンプレートの構造になっている。
 また、モジュールをincludeすると遅くなると言われていたけれど、MT4.2では随分と改善されていて通常の利用の範囲では問題にならないくらい高速になっている。

どの種類のアーカイブでも、例えば最新記事を表示したい場合など、今まではPHPのincludeを用いるなどしていた。モジュールを読みこむ際にそのコンテクストを指定できるようなオプションがあれば良いと思う。

 なるほど。BTSに要望としてあげておいて欲しい(笑)

ヨーロッパでのMTの評価を聞いてみたい

 ユーザ規模としては日本の方が大きいと思う。しかし最近ではヨーロッパのユーザも増えているようだ。

手元のメモを転記しましたが、間違いなどありましたら指摘頂けると幸いです。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  


この記事のアーカイブ

全ての記事 »
2008年
全てのカテゴリ »
MovableType
全てのタグ »
, , ,

関連記事/トラックバック

関連記事/トラックバックはまだありません

この記事にトラックバックを送るには?

コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。