KEIAN BullMAX 520W 電源(KT-520RS)、死ぬ

Posted by
ぴろり
Posted at
2015/12/13 16:16
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
ハードウェア カテゴリ 日々徒然 カテゴリ
カバーイメージ

 今日、24 時間運転で放置しているサーバの電源が落ちていることに気が付いたのですが、電源ボタンを押しても無反応。バラして調べてみると、KEIAN BullMAX 520W 電源 KT-520RS 電源ユニットが死んでいました。死因は内部の電解コンデンサの爆発です。ひぃ

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

KEIAN BullMAX 520W電源 KT-520RS
KEIAN
売上ランキング 21,998
Personal Computers

 サービスが落ちてるなぁと調べてみるとログイン画面のまま止まっていることがあって、数日前から、不意に電源遮断による再起動を勝手に繰り返していたようです。イベント ビューワで見ても変なイベントが記録されているわけでもなく、原因を特定できないまま走らせていたところ、今日、完全に死んだ模様。
 マザーボードからコネクタを外して、PS_ON 端子と COM 端子を短絡すると、なんだか +12V とスタンバイ電圧も生きているようだけど、よく判らない。とりあえず電源ユニットを外して…


Pic.1 カラカラッ…ポロッ…!?

 な、なんか出てきた(;´Д`) え~? …電解コンデンサのケース!?


Pic.2 爆発した電解コンデンサ

 更に、電源ユニットの内蔵空冷ファンも軸が完全に固着して回らなくなっていました。ファンが死亡して冷却が不足→内部温度が上昇→ケミカル部品の劣化が加速したことによる爆発コンボな感じです。メモによると、2013 年 4 月か、2012 年 3 月のどちらかに購入したモノで、購入してすぐに 24 時間運転のサーバ機に載せたので、まぁ、持った方なのかなぁ… 余計な出費にぐんにょりです。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます記事リコメンデーションについて

カバー画像:ぬるぬるローションの製作

関連記事/トラックバック

関連記事/トラックバックはまだありません

この記事にトラックバックを送るには?

コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。