ドメインの寿命とPageRankの関係

Posted by
ぴろり
Posted at
2010/02/28 17:41
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ

 Google などで PageRank の計算にはドメインの寿命が加味されており、長年に渡って運用されているドメインほど高く評価される傾向がある、と SEO ではよく言われていることです。では、実際にどれくらいの関係性があるのか、ということを調べてみました。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

実験方法

  1. feed meter にランキングされている上位 300 サイトについて調査
  2. Perl スクリプトを書いて、WHOIS情報検索とドメイン名の有効期限管理、契約切れと失効対策 でドメイン毎の寿命を取得
  3. Perl スクリプトを書いて、ドメイン毎のトップページの PageRank 値を取得
  4. Microsoft Excel で集計

実験結果

集計結果のグラフ
元データ

 グラフは、横軸がドメインの存続期間(日)、縦軸が Google の PageRank 値です。ドメインの寿命が長いということは、それだけ被リンクの数が蓄積され続けていることも同時に意味しますから、右肩上がりのグラフになるのは自然な傾向です。一応、近似直線を重ねてみましたが、R2が低すぎて、ほとんど相関は無いように見えます。うーん… 終わり⊂⌒~⊃。Д。)⊃

材料

  • Perl
  • LWP::UserAgent
  • WWW::Google::PageRank
  • Microsoft Excel
  • 正規表現
この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  


この記事のアーカイブ

全ての記事 »
2010年
全てのカテゴリ »
電算室 » 開発メモ
全てのタグ »
, , , ,

関連記事/トラックバック

関連記事/トラックバックはまだありません

この記事にトラックバックを送るには?

コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。