hosts ファイルを修正してGoogle AdSenseの誤クリックを防ぐ

Posted by
ぴろり
Posted at
2008/07/02 22:23
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ

 Google AdSense の規約では、自分のサイト上の広告をサイト運営者自身がクリックすることを禁止しています。そのため、自分のサイトを開いた際に、何かの拍子で誤クリックしてしまったために、AdSenseアカウントを停止されたという話もちらほらと聞きますね。
 そこで、hostsファイルを編集することで、広告を表示しないようにするTipsです。広告が表示すらされないので、そもそも誤クリックすらしないというわけです。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

 誤クリックの防止方法としては、他にブラウザの JavaScript をオフにする方法がありますが、現在においては JavaScript は Web ブラウズには必須とも言えるため(Ajax などの利用)実用的ではありません。あとは、ブラウザとインターネットの間にプロキシを立てる方法が紹介されていたりしますが、そこまでする必要性もないように感じます。もっとお手軽に実現できないでしょうか。

 Windows マシンであれば、C:WindowsSystem32driversetchosts ファイルに以下の内容を追記することで、AdSense の広告自体を表示させないようにできます。普段、サイト上で広告の表示内容を確認する場合には、行頭に#を入れてコメントアウトしてやればOKです。

# for Google AdSense
0.0.0.0        pagead2.googlesyndication.com

一応、AdSense の規約を読んでみたところでは問題なさそうです。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  


この記事のアーカイブ

全ての記事 »
2008年
全てのカテゴリ »
電算室 » 開発メモ
全てのタグ »
, , ,

関連記事/トラックバック

関連記事/トラックバックはまだありません

この記事にトラックバックを送るには?

コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。