タグクラウドのフォントサイズの計算式について

Posted by
ぴろり
Posted at
2008/04/09 11:35
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ

 タグクラウド(Tag Cloud)を生成する際に、タグの使用回数に応じてフォントサイズの大小を計算していますが、今までは単純な一次関数を利用してこれを求めていました。それを試しに対数関数を利用してみたところ、ダイナミックに変化を感じられるタグクラウドを表現することができました。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

 長年、記事を書き溜めていると、殆ど使われないタグと、頻繁に使われるタグの蓄積の差が大きく出てきてしまいます。現在、このブログでは最頻出タグは 130 回程度使われていますが、その一方で 1 回しか使われていないタグも数多く存在します。
 タグクラウドを生成する際に、タグの使用回数からタグを表示するフォントサイズを計算しています。この計算式が今までは単純な一次関数だったため、特定のタグだけがどどーんと大きく表示されてしまい、それ以外の使用回数の少ないタグについては大小の区別がほとんどできない状態でした。

一次関数によるフォントサイズの計算式の例

 そこで、この計算式を一次関数から対数関数(log)を利用したものに替えてみたところ、使用回数の少ない領域でも、タグの大きさの変化にダイナミズムを感じられる面白いタグクラウドを生成することができたと思います。「log なんて高校数学で出てきたけど覚えてねーよ」とか言わない(笑)

対数関数によるフォントサイズの計算式の例

 動作サンプルを作ってみたので、変化の違いを試してみてください。使用回数の多いものについては、従来通りに大きく表示されますが、使用回数の少ないものについても、その使用回数の変化に敏感にフォントサイズが変化しています。フォントサイズの計算の基本的な部分は、以前の記事と同じくフォントサイズの正規化を行うことで、最頻出タグにおいて指定された最大サイズで表示されるようにしています。

対数関数によるフォントサイズの計算式の例

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます記事リコメンデーションについて

カバー画像:TagCloud を JavaScript でパワーアップ

関連記事/トラックバック

関連記事/トラックバックはまだありません

この記事にトラックバックを送るには?

コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。