[Perl] undef の発明

Posted by
ぴろり
Posted at
2010/11/27 13:35
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
開発メモ カテゴリ
カバーイメージ

 数学の歴史において重要な発明に0 (ゼロ)の発明があります。「存在しないことを表す概念」ですが、しかし「『存在しないことを表す概念』それ自体が存在する」と考えるとなんだか面白いですよね。
 プログラミングの世界では、更に「定義されていないことを表す概念」というのを採用している処理系があって、Perl だと undef がそれです。「0 という値すら持たない存在」「『定義されていないことを表す概念』それ自体が定義されている」わけですね。ある変数 $a 自体は宣言されているけれども、値は undef で未定義。でも $a は定義されているんだよね? 未定義っていう状態は実在として認められるの? 存在って何よ? 0 のように考えてみると深みにはまりそうで楽しいです。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  



関連記事/トラックバック

関連記事/トラックバックはまだありません

この記事にトラックバックを送るには?

コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。