アキハバラでお買物

Posted by
ぴろり
Posted at
2010/01/09 22:27
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
電子工作 カテゴリ

 今日は天気が良かったので午後から秋葉原に買物に出かけました。前々から計画していた玄箱のシリアルコンソール化に着手。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

戦利品

 買物はすべて電子部品で、久々の秋葉原の割には秋月とマルツを回っただけでした。電子工作は本当に久しぶりになりますが、さて何が出来上がるやら… 結構買物をしたつもりがリストにしたら、それほど買ってないですね。

  • FT232RL USB-シリアル変換モジュール … 950円。玄箱の秘密のシリアル端子から出ている信号をUSB経由で操作できます。玄箱もFT232RLも同じCMOSレベルなのでレベル変換IC等の必要がなく直結できます。玄人志向から同じモノが販売されていますが、こちらの方がお値段が断然お得です(1/3くらい)。これで玄箱のシリアルコンソール化終了!
  • AKI-PIC プログラマー … なぜか今ごろになってPICに手を染めることになろうとは。少し触れるようになると電子工作の幅が大きく広がる予感。これから勉強です。
  • PIC16F84A … 電子工作でおなじみのPIC。練習用に数個。シリアル-パラレルの変換ロジックを組む予定。
  • デジタル テスタ … SANWA PM3。手持ちのアナログ テスタが逝ってしまったので。
  • コネクタ、LED、抵抗、セラミック コンデンサ、セラロック(10MHz)、トランジスタアレイ(TD62083)、3端子レギュレータ、等など

玄箱のシリアルコンソール化メモ

  • 未実装のR76をジャンパでショート
  • J1に4ピンコネクタを実装
  • J1は1=TXD、2=RXD、3=VCC(3.3V)、4=GND
  • FT232RLへは、TXD=RXD、RXD=TXD、GND=GNDと接続する
  • 通信設定は、ビットレート=57600bps、データビット=8、パリティ=なし、ストップビット=1、フロー制御=なし
この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます記事リコメンデーションについて

カバー画像:PIC ことはじめ ~ 簡単な I/O

関連記事/トラックバック

関連記事/トラックバックはまだありません

この記事にトラックバックを送るには?

コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。