MovableTypeテンプレートの構築を高速化するためのアイディア

Posted by
ぴろり
Posted at
2009/03/25 23:25
Trackbacks
関連記事 (0)
Post Comment
コメントできます
Category
MovableType カテゴリ

 今日、帰りの電車で思いついたんですが、言っておけばよかったー(誰に?) …ので、ここに書いておきます。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

プリコンパイル

 MT::Object に実際に問合せが発生する最小のテンプレートタグのレベルまで、事前に処理できるタグ、特に MTInclude などの処理を済ませておく。MTLoop などのタグもループを分解すると早くなるのかな?

パイプライン処理

 MTInclude などで入れ子になっているテンプレートで、Include されるテンプレート毎に fork してやる。最近はサーバでもマルチコアプロセッサが当たり前なので、コア数まで fork すればプロセッサを有効活用できるんじゃないか? @see パイプライン処理

分岐予測

 詳しくは勉強不足で知らないのですが。MTIf で分岐が行われる場合、真/偽の場合のそれぞれ結果を先に求めておく。これも fork で。もしくは条件は常に真である、として分岐先の結果を先に求めておく。@see 分岐予測

 MT インスタンスを背負った Perl プロセスを fork したり、プロセス間通信のコストを考えると普通に逐次処理した方が早いかもしれませんが…

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  



関連記事/トラックバック

関連記事/トラックバックはまだありません

この記事にトラックバックを送るには?

コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。