仙台巡礼の旅レポート

Posted by
ぴろり
Posted at
2002/04/28 08:52
Post Comment
コメントできます
Category
峠道 カテゴリ

 ゴールデンウィークを利用して仙台までショートツーリングに出かけてきました。

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  

4/28 第壱日

 0730.いよいよ仙台に向けて出発 …というのも、実は一度、日付が替わった直後に走り出していたんですね。その時は何も考えずに普通の防寒装備で飛び出したのですが、浅草まで行ったあたりで寒さに絶えられずに引き返してしまったのでした(爆)
 浅草で一度迷っているので、今回はすんなりとR6に乗れました。午後~夕方にかけての東京の渋滞・停滞は酷いものですが、休日の朝だったのでサクサク。一時間で東京圏を出走。いざ、北へ…

 その後、快調に飛ばして…と思ったものの東京圏を出て北上するにつれ、途端にペースが落ちる。ノンビリ走っている車が多すぎるんですよね(^^メ) …っつーか、東京圏の交通が忙しいだけなのか?

 途中、福島の原発とか東海村とかの近くを通ったり。ニュースで聞くだけの土地に実際に来てみると何か不思議な感覚がします。ブラウン管の向こう側の虚像の様に感じていた土地に、今まさに自分が居るんだということが。
 原子力関連施設が多かったのですが原子力運送株式会社ってのは一体何だ!?

 1730、何とか宮城県入り。それから仙台市まで随分とありましたが、この時点で時間も時間だったので今日の散策は断念。結局、丸一日を移動にかけてしまったことになります(--;) 高速道を使えば随分と早かったのでしょうけれど、元から予定も無いですし急ぐ旅でもないですから… 仙台市内のビジネスホテルに予約を取って今日はゆっくりと休むことにしました。

 仙台市内に入ったもののR4バイパスに乗ってしまい仙台市内に到着できず(爆) 一時間近く仙台市内を迷走しホテルに着いたのは2000前でした。くそぅ、市内という市内では必ず迷ってしまう運命なのか>俺
 ホテルの自室に付いて気が付いたのですが、天気が良かったせいか顔が日焼けしていました。 何だかヒリヒリします。 それにしても…今日は本当に走り疲れました。オヤスミなさいです。

いわき市を前に昼食。雄大な海岸が印象的だった

4/29 第弐日

 目覚めは快調。シャワーを浴びて出立の準備。目的地のサンモール一番街、青葉城ともに仙台市内にあって楽勝…ハズだったんですけどね(汗)

 サンモール一番街は駅前から続く青葉通り沿いにあります。まずはこの青葉通りを発見するのに迷う(笑) アーケードは天井が高くて、また太陽光を巧くとり入れられるようになっているので、開放感があって非常に綺麗です。7月には日本最大規模の七夕祭りが行われるということで、そういう意味ではえみるのイメージもぴったりかも。 朝10時前だったので開店準備の店が多かったのが残念でした。

 観光地だけあって青葉城は観光客でいっぱいでした…が、青葉城の駐車場を探してやっぱり迷う もうちょっと駐車場の看板は大きくして欲しかったり。天気が良くて本当に気持ち良かったですよ(^^) 巫女さんも見られたし(違) ここでは御土産を購入。べろかま(笹かまぼこ)と銘菓萩の月。うまいんだから食べてけさいん。

 仙台市内を後にして一路松島へ。仙台市内から約30km、案外近いもんですね。京都天橋立、広島宮島、とともに日本三景と言われる松島ですが、近づくにつれて海の香りが強く、松の木が多く目立つようになります。海食性の小さな島が幾つも浮かぶ、少し幻想的な風景が印象的でした。が、その反面、観光地にありがちな観光客目当ての意味不明なアトラクションや何かベクトルのずれたデザインの観光船が少し寒かったです。
 …はっ!? しまった。大崎八幡神社@仙台市内に行くのを完全に忘れていたヨ(--;)ゞ

 1420、松島を発つ。せっかくここまで来たんだから、もう一日くらいゆっくりしても良かったんですけどね。天気予報によれば明日から天気が崩れるみたいだし、雨装備も持ってきてないし。帰路はR4に乗って福島市→宇都宮→上野と目指します。東北自動車道がR4と平走しているので、いざとなれば東北道で帰れば良いと考えたからです。
 途中、宇都宮から日光に立ち寄りたい衝動に駆られたものの、小雨がぱらつき始めていたので断念。しかし折角なので宇都宮では国道沿いの温泉に寄り道してしっぽり。時間帯のせいか国道が混んでいたので少し時間を潰して日付が替わった頃に再出発です。さすがに深夜の国道には車の姿が皆無だったので随分とペースを上げられました(笑) これなら高速を使わなくても大丈夫。一気に東京を目指します。

…帰りは随分と飛ばしたものの、帰宅できたのは結局27時過ぎ。途中、寄り道したとはいえ仙台まで片道12時間は裕にかかってしまう訳ですね。その日は荷物も片付けずにすぐに寝てしまいました。

サンモール一番街。思ったよりも天井が高くてびっくり。すごく綺麗なアーケードでした 伊達政宗の居城。青葉城(仙台城址) 青葉城。遅咲きの八重桜。天気も良くて過ごしやすい一日でした 伊達政宗公。通称まーくん(笑) 記念撮影の人でいっぱい まーくんを振り返るとが展望台になっていて仙台市街を一望できる 青葉城でお約束。ラムネ瓶と後ろは銘菓・萩の月 松島にて。相棒の一枚 松島にて。ちょうど干潮時で干潟がちらほら見えます 松島で発見した女旅3人衆。きっとヲ○ク仲間に違いない(爆) 松島福浦島へ続く福浦橋。海風とカモメのさざめきがとても気持ち良かったです ひときわ鮮やかだった新緑の紅葉。紅葉の季節にもう一度訪れたくなる 松島にある瑞厳寺(だったかな?)に続く杉林 この界隈だけが時間の流れが違うような錯覚に囚われる

まとめ

 杜の都と謂われるだけあって、駅前を少し離れると青葉城があったり、街路樹の背も高くて気持ち良く、本当に緑の多い街でした。この時期、新緑の季節にツーリングするにはお勧めかも知れません。
 昨年にも自動車で高速道を使い、広島→福岡→長崎と回ったことがありますが、やはり何らかの苦労をして辿り着いた土地というものは印象に残ります。特にバイクでの長路遠征だったことと、ずっと下道ということもあって随分苦労したものです。今回訪れた仙台もそんな印象的な都市の一つとなりました。

4/28
0030出発
0100浅草周辺でR6を探して迷う
0230防寒装備のやりなおし 一旦帰宅
0730再出発
0820東京出 環状七号を越えR6に乗る
1000土浦着 走行77.2km
1250いわき市を前に昼食・給油 走行181.9km
1430いわき市出 新舞子海岸
1830宮城県名取市入
1945仙台ビジネスホテル着 夕食
4/29
0900チェックアウト
サンモール
青葉城
1230松島着 走行462.3km
1420松島発
1740福島県安達町道の駅 メンテ 577.8km
2120宇都宮入 温泉でしっぽり
2430休憩後再出発 宇都宮発
2720帰宅 走行865.3km

走行 [km]給油 [L]燃費 [km/L]
260.012.720.5
285.59.729.4
264.09.228.7

この記事を Delicious に追加する   このエントリーをはてなブックマークに追加  



コメントを投稿する

 
 (必須, 匿名可, 公開, トリップが使えます)
 (必須, 匿名可, 非公開, Gravatar に対応しています)
 (必須)
スパム コメント防止のため「投稿確認」欄に ランダムな数字 CAPTCHAについて を入力してから送信してください。お手数ですがご協力のほど宜しくお願いいたします。